海外FX業者比較 人気優良FXランキング2位 TitanFX(タイタンFX)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

第1位のXMトレーディングに次いで当サイト評価第2位はタイタンFX(TitanFX)
TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。タイタンFX口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

TitanFX口座開設 海外FX|MT4と称されているものは…。

投稿日:

スワップポイントと申しますのは、「金利の差額」だと考えていただいて構いませんが、リアルに受け取れるスワップポイントは、海外FX会社の儲けである手数料を相殺した金額だと考えてください。
スプレッドと称されるのは、海外FXにおける「買値と売値の差額」のことを指します。このスプレッドこそが海外FX会社に支払うことになる手数料であり、それぞれの海外FX会社により表示している金額が異なっているのが一般的です。
Titanスイングトレードだとすれば、数日~数週間、長い時は数ヶ月にも亘るようなトレードになるので、デイリーのニュースなどをベースに、それから先の世界の経済情勢を想定し資金投下できるというわけです。
MT4と称されているものは、ロシア製の海外FX取引専用ツールです。料金なしで使用でき、と同時に性能抜群という理由で、このところ海外FXトレーダーからの関心度も上がっていると聞きます。
海外FX海外口座開設を完了しておけば、現実的に売買を始めなくてもチャートなどは利用できますから、「これから海外FXの勉強をしたい」などと思っていらっしゃる方も、開設した方が良いのではないでしょうか?

Titanシステムトレードというものは、人間の情緒や判断を無効にするための海外FX手法なのですが、そのルールを決めるのは人になるので、そのルールが長い間収益を齎してくれるわけではありません。
レバレッジに関しましては、FXを行なう上で常時使用されているシステムだと思われますが、実際に捻出できる資金以上の「売り買い」が可能なので、小さな額の証拠金で大きな儲けを出すことも期待することが可能です。
レバレッジという規定があるので、証拠金が少ないとしても最大25倍もの「売り買い」ができ、多額の利益も望むことができますが、それに比例してリスクも高くなるのが通例ですから、状況をしっかり鑑みてレバレッジ設定することが大切になります。
Titanデイトレードと言いますのは、取引開始時刻から1日ポジションを保つというトレードを言うわけではなく、本当のところはNYのマーケットが1日の取引を閉める前に決済を完了させてしまうというトレードのことを指しています。
レバレッジと申しますのは、投入した証拠金を頼みに、最大その証拠金の25倍の「売り・買い」が許されるというシステムのことです。例えて言うと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジを掛けることにしましたら、1000万円相当の「売り・買い」が可能なわけです。

スワップポイントと呼ばれているものは、ポジションを続けた日数分受け取ることが可能です。日々特定の時間にポジションを有したままだと、その時にスワップポイントがプラスされることになります。
買いと売りのポジションを一緒に所有すると、円高・円安のどちらに変動しても利益を手にすることが可能なわけですが、リスク管理のことを考えると、2倍心配りをすることが必要でしょう。
同じ1円の値動きだとしましても、レバレッジが1倍なら1万円の損益になるわけですが、10倍でしたら10万円の損益になります。結論として「レバレッジが高くなるにつれリスクも大きくなる」のです。
海外FXのトレードは、「ポジションを建てる&決済する」を反復することです。難しいことは何もないように考えられるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミングや決済をするタイミングは、非常に難しいと断言します。
テクニカル分析を行なう時は、基本としてローソク足を時系列的に配置したチャートを利用することになります。見た目ハードルが高そうですが、正確にわかるようになりますと、手放せなくなるはずです。

海外FX ランキング

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.