海外FX業者比較 人気優良FXランキング2位 TitanFX(タイタンFX)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

第1位のXMトレーディングに次いで当サイト評価第2位はタイタンFX(TitanFX)
TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。タイタンFX口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

TitanFXデモ口座開設 海外FX|海外FXを行なう時は…。

投稿日:

海外FXを行なう時は、「外貨を売る」という状態から取引に入ることも普通にありますが、このように外貨を有することなく「外貨を売ったままの状態」のことも、「ポジションを持っている」と言うのです。
海外FX海外口座開設を完了さえしておけば、本当に「売り買い」を行なうことがなくてもチャートなどは閲覧することが可能ですから、「差し当たり海外FXの知識を習得したい」などとお思いの方も、開設された方が良いでしょう。
海外FXを進める上での個人に許されたレバレッジ倍率は、昔は最高が50倍だったことを考えると、「現代の最高25倍は低い」と感じている方が存在するのも無理はありませんが、25倍だと言いましても満足できる収益はあげられます。
売り買いする時の金額に差を設定するスプレッドは、FX会社ばかりじゃなく銀行でも違う名称で導入しているのです。しかもとんでもないことに、その手数料がなんと海外FX会社の180~200倍というところが結構存在します。
Titanスイングトレードの長所は、「日々PCのトレード画面と睨めっこしながら、為替レートを注視しなくて良い」というところであり、サラリーマンやOLにうってつけのトレード法ではないかと思います。

収益を得る為には、為替レートが注文した際のレートよりも良くなるまで何もすることができません。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をするのです。
ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがあるのですが、このポジションとは、売買した後、決済することなくその状態をキープし続けている注文のことを言うのです。
Titanデイトレードと言われるのは、丸々24時間ポジションを保有するというトレードではなく、実際はニューヨークマーケットがその日の取引を終える前に決済を終えてしまうというトレードのことです。
「売り買い」に関しましては、何でもかんでも自動的に完了する自動売買ではありますが、システムの修復は周期的に行なうことが必要不可欠で、そのためには相場観を養うことが必要です。
レバレッジと申しますのは、納入した証拠金を元手に、最高でその額の25倍のトレードができるというシステムを指しています。仮に50万円の証拠金で20倍のレバレッジを掛けることにしましたら、1000万円という取り引きができるのです。

Titanスイングトレードを行なうことにすれば、短くても数日から数週間、長期の場合は数ヶ月というトレード方法になるので、常日頃のニュースなどを踏まえて、数ヶ月単位の世界経済の状況を推測し資金投下できるというわけです。
海外FXが男性にも女性にも一気に拡散した要因の1つが、売買手数料がとんでもなく安いことだと思います。今から海外FXを始めるという人は、スプレッドの低い海外FX会社を探すことも必要だとお伝えしておきます。
海外FXをやっていく上で、海外で流通している通貨を日本円で買うと、金利差に従いスワップポイントが与えられますが、高金利の通貨で低い通貨を買う場合、全く反対でスワップポイントを払うことになります。
ここ数年は、どんな海外FX会社も売買手数料は無料となっておりますが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドというものが実質上の海外FX会社の利益になるわけです。
Titanスキャルピングと呼ばれているのは、1トレードあたり1円以下というごく僅かな利幅を目指して、一日に数え切れないくらいの取引を行なって薄利を積み増す、非常に短期的なトレード手法になります。

FX ランキング

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.