海外FX業者比較 人気優良FXランキング2位 TitanFX(タイタンFX)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

第1位のXMトレーディングに次いで当サイト評価第2位はタイタンFX(TitanFX)
TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。タイタンFX口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

海外FXランキング3位はTitanFX|MT4と申しますのは…。

投稿日:

売買未経験のド素人の方であれば、分かるはずがないと考えられるテクニカル分析ですが、チャートの主要なパターンさえ理解してしまえば、値動きの推測が圧倒的に簡単になります。
売りと買いの2つのポジションを同時に保有すると、円安になっても円高になっても利益を出すことができるわけですが、リスク管理の面から申し上げますと、2倍気を回すことになるでしょう。
スキャルピングで投資をするつもりなら、数ティックという動きでも着実に利益を得るという心積もりが必要となります。「更に高騰する等という思いは捨て去ること」、「欲張らないようにすること」が重要なのです。
デイトレードと言いましても、「連日売買し収益を出そう」とは考えない方が良いでしょう。無謀なことをして、結果的に資金を減らしてしまっては何のためのトレードかわかりません。
買う時と売る時の価格に差をつけるスプレッドは、FX会社ばかりか銀行においても異なる名前で取り入れられているのです。しかも驚くことに、その手数料がなんとFX会社の200倍くらいというところが少なくないのです。

為替のトレンドも見えていない状態での短期取引ということになれば、あまりにも危険です。いずれにしても豊富な知識と経験が要されますから、いわゆる新参者にはスキャルピングは不向きです。
FX会社を比較するという状況で確認してほしいのは、取引条件です。一社毎に「スワップ金利」等の条件が違っていますので、個々人のトレードに対する考え方にピッタリ合うFX会社を、きちんと比較した上で選びましょう。
デイトレードというのは、取引開始時刻から1日ポジションを継続するというトレードを指すわけではなく、現実的にはニューヨーク市場の取引終了前に決済を完結させてしまうというトレードのことを言います。
MT4で機能する自動トレードソフト(EA)の考案者は様々な国に存在しており、リアルな運用状況だったりユーザーの評判などを考慮しつつ、より利便性の高い自動売買ソフトの研究開発に精進しています。
MT4と申しますのは、かつてのファミコンのような機器と同じで、本体にプログラムされたソフトを挿入することで、ようやくFX売買を開始することができるわけです。

自動売買と称されるものは、株式やFXにおける自動売買取引のことで、先に規則を設けておき、それに従ってオートマチカルに「買いと売り」を行なうという取引になります。
デイトレードと言われているものは、スキャルピングの売りと買いの間隔をある程度長めにしたもので、現実の上では2~3時間以上24時間以内に手仕舞いをするトレードだと指摘されています。
デモトレードをやるのは、ほとんどFXビギナーの人だと想定されますが、FXの名人と言われる人も時々デモトレードを利用することがあるとのことです。例えば新しいトレード法のテストの為です。
最近では、どんなFX会社も売買手数料はフリーにしていますが、それに代わる形でスプレッドがあり、それこそが完全なるFX会社の儲けだと言えます。
自動売買でありましても、新規にポジションを持つ際に、証拠金余力が必要となる証拠金額より下回っている状態では、新たに発注することは不可能となっています。

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.