海外FX業者比較 人気優良FXランキング2位 TitanFX(タイタンFX)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

第1位のXMトレーディングに次いで当サイト評価第2位はタイタンFX(TitanFX)
TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。タイタンFX口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

海外FXランキング3位はTitanFX|この頃は…。

投稿日:

レバレッジと呼ばれているものは、FXに取り組む上で当然のように使用されるシステムということになりますが、注ぎ込める資金以上の「売り・買い」をすることができますから、少しの証拠金で大きな儲けを出すことも望めます。
10万米ドルを購入して保持したままでいる状態のことを、「10万米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然ながらドル高に為替が変動した場合には、直ぐに売って利益を手にします。
Titanデイトレードと言われているものは、Titanスキャルピングの売り買いするタイミングをもっと長めにしたもので、だいたい数時間から1日以内にポジションを解消するトレードだと言えます。
スプレッドというのは外貨を売買する時の価格差のことで、FX会社の実利になる売買手数料とも言えるものですが、海外FX会社毎に個別にスプレッド幅を定めています。
スワップポイントにつきましては、ポジションを保ち続けた日数分付与されます。日々一定の時間にポジションをキープしたままだと、その時点でスワップポイントが貰えるのです。

この頃は、どの海外FX会社も売買手数料は0円となっていますが、その一方でスプレッドがあり、これが実際の海外FX会社の儲けになるわけです。
高金利の通貨だけをチョイスして、その後保有し続けることでスワップポイントが付与されるので、このスワップポイント獲得のために海外FXをやる人もかなり見られます。
Titanスイングトレードということになれば、いくら短期だとしても3~4日、長い場合などは数ヶ月という投資方法になるわけですから、連日放送されているニュースなどを見ながら、将来的な経済状況を予測し投資することができます。
海外FX海外口座開設をする時の審査に関しましては、主婦や大学生でも落とされることはありませんので、度を越した心配は無駄だと言えますが、重要な要素である「投資経験」であったり「資産状況」などは、確実に見られます。
海外FX取引で出てくるスワップとは、外貨預金の「金利」だと思っていいでしょう。ですが全く違う部分があり、この「金利」に関しては「貰うだけでなく徴収されることだってある」のです。

Titanスキャルピングのメソッドは三者三様ですが、どれにしてもファンダメンタルズについては問わずに、テクニカル指標だけに依存しているのです。
海外FXを行なう際に、日本以外の通貨を日本円で買いますと、金利差に応じてスワップポイントが貰えることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買うといった場合は、裏腹にスワップポイントを徴収されることになります。
海外FX取り引きの中で使われるポジションというのは、手持ち資金として証拠金を投入して、シンガポール・ドル/円などの通貨ペアを「売り買い」することを意味しています。なお外貨預金にはポジションという考え方は存在しておりません。
海外FX海外口座開設を終えておけば、現実的に海外FXの売買を行なわなくてもチャートなどを利用することができるので、「今から海外FXの勉強を始めたい」などと考えていらっしゃる方も、開設してみることをおすすめします。
スワップポイントに関しては、「金利の差額」だと思っていただいていいですが、手取りとしてもらうことができるスワップポイントは、海外FX会社の儲けとなる手数料を減算した額だと思ってください。

海外FX口座開設

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.