海外FX業者比較 人気優良FXランキング2位 TitanFX(タイタンFX)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

第1位のXMトレーディングに次いで当サイト評価第2位はタイタンFX(TitanFX)
TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。タイタンFX口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

海外FX優良業者はTitanFX|海外FX海外口座開設自体はタダだという業者ばかりなので…。

投稿日:

それほど多額ではない証拠金により大きな取り引きが可能となるレバレッジではありますが、望んでいる通りに値が変化すればそれに見合った利益を得ることができますが、逆に動いた場合は大きなマイナスを被ることになるわけです。
私自身は主としてTitanデイトレードで売買を繰り返して来きたのですが、近頃ではより収益が望めるTitanスイングトレード手法を採って売買しております。
昨今のTitanシステムトレードの内容を確認してみると、他の海外FXプレーヤーが考えた、「それなりの収益をあげている自動売買プログラム」をベースに自動売買が為されるようになっているものが目に付きます。
「常日頃チャートを覗くなんていうことはできるはずがない」、「大事な経済指標などを迅速に確認することができない」とおっしゃる方でも、Titanスイングトレードの場合は全く心配する必要はありません。
Titanデイトレードと申しましても、「日毎エントリーを繰り返し収益をあげよう」などという考え方はお勧めできません。無茶をして、思いとは裏腹に資金を減らしてしまっては全く意味がありません。

「Titanデモトレードを試してみて儲けることができた」と言いましても、現実のリアルトレードで儲けを出せるかは全くの別問題だと思います。Titanデモトレードというものは、どうしたってゲーム感覚になってしまうのが普通です。
レバレッジと申しますのは、納めた証拠金を拠り所にして、最大その額面の25倍の売買が可能であるというシステムを指しています。1つの例を挙げますと、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけるとしますと、1000万円の「売り買い」が可能です。
実際的には、本番トレード環境とTitanデモトレードの環境では、本番トレード環境の方が「1回のトレードあたり1ピップス前後収益が少なくなる」と考えた方が正解だと考えます。
海外FX海外口座開設の申し込み手続きを踏み、審査でOKとなったら「ログイン用のIDとPW」が郵送にて送られてくるというのが一般的なフローですが、海外FX会社のいくつかはTELで「リスク確認」を行なっているようです。
海外FX海外口座開設自体はタダだという業者ばかりなので、若干手間は掛かりますが、3~5個開設し現実に売買しながら、自分自身に相応しい海外FX業者を絞り込みましょう。

為替の動きを推測する時に不可欠なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大切なのは「チャートを検証して、極近い将来の為替変動を予想する」テクニカル分析だと言って間違いありません。
Titanデイトレードと呼ばれているものは、Titanスキャルピングの売り買いするタイミングを少しだけ長めにしたもので、実際には1~2時間から24時間以内に売買を終えてしまうトレードだとされています。
我が国と比べて、海外の銀行金利の方が高いということで、スワップ金利が与えられるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXを行なう時に手にできるスワップ金利になります。
申し込みについては、業者の専用ウェブサイトの海外FX海外口座開設ページを利用したら、15~20分ほどの時間でできるでしょう。申込フォームの必要事項を埋めた後、必要書類をFAXなどを利用して送付し審査結果を待つという手順になります。
証拠金を納めてどこかの国の通貨を購入し、そのまま保持している状態のことを「ポジションを持つ」と言っています。その反対に、キープしている通貨を約定してしまうことを「ポジションの解消」というふうに言います。

海外FX口座開設

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.